看護師求人【フィールドナース】

TOPページへ > タイプ別 > フィールドナース

フィールドナースの求人を効率よく探すには!?

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

フィールドナースとは、病院・診療所などの医療機関以外に勤務する看護師のことを総じて言います。昔は「看護師=病院」でしたが、今や看護師の持つ知識・経験・技能などは、時代の変化に伴って、様々な業種・職種、そして企業や組織で求められているのです。そのため看護師=病院という構図が崩れ、フィールドナースという看護師の働き方が一般的になったと言えます。

フィールドナースになるには、言うまでもなく看護師資格が最低限必要になりますが、転職する企業・組織の業種に関する知識・技術の習得も必要になります。もちろん、以前は病院に勤務していて、フィールドナースとして別の業種へと転職するのであれば、その職場で求められる最低限の知識は習得することになるでしょう。ただし、言うまでもなく看護師としての医療知識・技術は活用しますから、それらを両輪として常に向上することを考えることが必要になることは言うまでもありません。

さて、そんなフィールドナースとしての転職先ですが、例えば、製薬企業や医療機器メーカーなどが挙げられます。これらの企業では、新しい薬の認可を得るための「治験」を行います。それは医療機関と連携して行いますので、医療知識を持った看護師は製薬会社・医療機器メーカーとしては大変欲しい人材だと考えられます。

また、別の方面で考えると、社員の健康管理・健康増進・ストレスケアなどを行う産業看護師という働き方もフィールドナースに含まれると言えます。産業看護師は、企業に常駐し、上記の通り、その企業で働く社員の健康を守ります。医療機関では「治療」が目的となりますが、産業看護師は「予防」が主な目的となりますので、根底にあるものこそ同じですが、そのアプローチは大きく異なりますので、産業看護師としての勉強が必要になってくるでしょう(ちなみに、産業看護師という公的な資格は存在しません)。

さらに、国内の内資系企業だけでなく、外資系企業でもこうしたフィールドナースを求めるケースが多く、国内の医療に精通した看護師の求人が出るケースもあります。その際に必要なのは、言うまでもなく英語ですが、必要なのは単に「英語ができる」ということではなく「英語でコミュニケーションが取れる」ということです。ただ話せる・書ける・読めるのではなく、しっかりと意志疎通ができることが、外資系企業で働くフィールドナースに求められることと考えられます。

では、こうしたフィールドナースの求人情報をタイムリーかつ効率よく入手するには、どうすれば良いのでしょうか?最もお勧めなのが、人材バンクや転職エージェントなどのサービスの活用です。

医療機関と異なり、いつ求人があるか分かりません。応募が殺到する求人もありますから、タイムリーな情報入手が必要です。また、情報を集める時間もバカになりませんから、こうした無料かつプロフェッショナルのサービスを利用して、上手にフィールドナースへ転職しましょう。

看護師求人サイト人気ランキング

ランキング 求人サイト1位
サービス名

マイナビ看護師

公式サイトへ マイナビ看護師詳細

ランキング 求人サイト第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイトへ ナース人材バンク詳細

ランキング 求人サイト3位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイトへ ナースではたらこ詳細
求人探しに便利な看護師求人サイトをご紹介!
ランキングTOP5はコチラから見れます!
↓↓
看護師求人サイトランキング