看護師求人【空港】

TOPページへ > 職場別 > 空港

空港勤務の看護師求人を探す!

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

空港で看護師として働くには大きく二つに働き方があります。空港内のクリニックで看護婦として働く場合と、検疫官として働く場合です。まず、空港内のクリニックで働く場合ですが、利用者の多い羽田や成田、関西国際といった主要空港に配置されています。大きな病院の出向先となっている場合が多いです。空港内のクリニックは、基本的に最低限の設備しかない場合が多いので、簡単な応急処置をするのにとどまることが多いです。ですので、症状の重い場合には、その場での処置は行わず、近隣の病院へ搬送することになります。

働き方のスタイルとしてですが、入院設備がないことで患者さんの容態が急変したりナースコールに走りまわるということがないので、体力的には楽であることが多いです。また、勤務時間は空港の開いている時間に限られますが、24時間稼働しているような空港ではクリニックも24時間開けておく必要があるため、夜勤も発生します。給与の方ですが看護師の平均と比べると低めになっています。

次に、検疫官として働く場合です。日本を海外からの感染症から守るための対策を行うのが、検疫官です。具体的な業務内容としては、感染が疑われる人の診察やこれから海外へ行く人への予防接種などがあります・健康相談や、具合の悪くなった空港利用者の対応なども行います。検疫官は、厚生労働省に所属する国家公務員となるので、公務員という安定した待遇を受けることができます。勤務時間ですが、公務員ということで1日に7時間45分ですが主要国際空港の場合は、24時間勤務となり交代制のシフトの働き方になります。ただ、土日祝日は休みになっています。検疫官の場合は空港だけでなく、全国にある主要な港に配属される可能性もあり、全国転勤もあり得ます。給与は、182,900円からですが、これまでの看護師としての履歴も考慮されます。

空港内のクリニックで看護師として働く場合も、検疫官として働く場合も求人が少ないのが現状です。また、空港内のクリニックで看護師として働く場合には、あくまで空港のクリニックは出向先であるため、出向元の病院へ呼び戻されるということも考慮にいれなければなりません。検疫官の求人は、検疫官に欠員がでた場合に、厚生労働省がWebサイト上で募集を行っており、応募条件は日本国籍を持っており(国家公務員であるため)看護師資格を持っていれば、誰でも検疫官試験を受験することができます。

看護師求人サイト人気ランキング

ランキング 求人サイト1位
サービス名

マイナビ看護師

公式サイトへ マイナビ看護師詳細

ランキング 求人サイト第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイトへ ナース人材バンク詳細

ランキング 求人サイト3位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイトへ ナースではたらこ詳細
求人探しに便利な看護師求人サイトをご紹介!
ランキングTOP5はコチラから見れます!
↓↓
看護師求人サイトランキング