看護師求人【献血ルーム・献血センター】

TOPページへ > 職場別 > 献血ルーム・献血センター

献血ルーム・献血センターの看護師求人情報

※看護師求人サイトランキングはコチラ!

献血ルームや献血センターで採血を行うのは看護師の役割です。そのため常にこういった施設では看護師を募集しています。一見すると、突発的にしか募集していないように思われがちですが、全国規模で見ると、毎日のように献血募集は行われていますので、常に募集があると言えます。

献血募集のタイプとしては、施設で献血を募るタイプと、企業や組織などにバスなどで出向き献血を募る移動型タイプがあります。いずれにせよ看護師の需要が高いことは同じですが、施設での看護師はフルタイム、移動型はパートタイムでの募集が多い傾向にあると言えます。

移動型の場合、施設から出向くわけですから、施設を空にするわけにはいきません。ですから、臨時雇用で看護師を雇い、各地へ献血バスで出向くわけです。言うまでもなくやることは献血ですから、採血しかすることはありません。医療行為などを行うことは決してありません。ですから、延々ルーチンの作業をすることに耐えられない人は向いていないと言えます。

逆に、ルーチンでも一定の作業さえしていれば良いという割り切りをしている人は、これ以上ない職場と言えます。ただし、全く変化のないわけではありません。日本では献血行為はボランティアですから、売血のできる海外と比べ、献血量が極めて低い国です。そういった中で献血を増やすためにはどうすれば良いかを考えるのは、アイデア・企画力が求められます。

もちろん、種々の制限がありますから、それをクリアして宣伝や企画を立てることは、なかなかエキサイティングな仕事ではないでしょうか。一見地味に見えても、見方を変えれば、全く別の仕事になることもあります。やりがいというのは人それぞれですが、仕事というのは色々な側面を持っていますので、一度経験してみるのも手かも知れません。

ただ、こういった募集は一般にされておらず、人のつながりや紹介などで働いているケースが多いと言われています。そんな中で、コネクションのない看護師が献血ルームや献血センターで働く為に必要なことは何でしょうか?

それは言うまでも無く情報収集力です。ただ、常に求人募集などをウォッチするのではなく、人材バンクや転職エージェントなどのサービスへ登録し、積極的に情報を取りに行くことが大切だと言えます。もともと大量に募集するようなタイプの求人ではありませんので、募集の翌日にクローズされることも珍しい話ではありません。ですから、どんどん前に出て募集を探していくことが大切です。そのためには、色々なサービスへの登録や相談を持ちかけることが成功の秘訣と言えるわけです。

看護師求人サイト人気ランキング

ランキング 求人サイト1位
サービス名

マイナビ看護師

公式サイトへ マイナビ看護師詳細

ランキング 求人サイト第2位
サービス名

ナース人材バンク

公式サイトへ ナース人材バンク詳細

ランキング 求人サイト3位
サービス名

ナースではたらこ

公式サイトへ ナースではたらこ詳細
求人探しに便利な看護師求人サイトをご紹介!
ランキングTOP5はコチラから見れます!
↓↓
看護師求人サイトランキング